• 2月17日のなわとび選手権に向けて、1か月以上前から練習を毎日続けてきました。練習した回数は、200回以上になります。記録が伸び悩んだときも、あきらめず努力を積み重ねてきました。本番では、練習の成果を発揮し、目標を達成することができました。

    【目標】8の字跳びの全ての測定で100回以上跳ぶ。

    【結果】1回目110回、2回目108回 目標達成!!

    大会後、8の字跳びを通して学んだことをふり返り、交流しました。

    <児童の意見より>

    ・目標を立てて努力し、その目標を達成したら、また新しい目標を立てて努力することを繰り返すと、難しいと思っていた目標も達成できると分かりました。

    ・練習をたくさんすると本番も自信をもってできたし、本番で目標を達成できたら、いつもよりうれしいし、楽しかったです。

    ・何でも全力で練習をすれば、絶対に成功すると思いました。難しいことをもみんなと一緒にすると楽しかったです。

  • 5年生は、次年度塚原小学校に入学する年長さんとの交流会を行いました。

    この日のために工作や運動等、年長さんが楽しめる活動を企画し、準備を進めてきました。

    年長さんの楽しそうな笑顔に包まれ、最高学年になる自覚を高めることができました。

     

    5年生はもうすぐリーダーのバトンを6年生から引き継ぐことになります。

    下学年に慕われる素敵なリーダーに育ってほしいと思います。

     

     

  • 5・6年生の子供たちが楽しみにしていたスキー学習。

    朝からの雨に、活動が心配されましたが、子供たちは、午前と午後共に活動に意欲的に取り組みました。

    5年生は、初めてのスキー学習でしたが、自分の決めた目当てに向かって、班の仲間と協力し合ってがんばりました。

    6年生は、昨年の経験を踏まえて、5年生を励ましたり、スキーの技能を高めようとしたりしてがんばりました。

    協力し合う優しい心が育まれた充実の一日となりました。

    P1020304 P1020307 P1010452

     

  • 社会科の授業で「かわってきた人々のくらし」の学習をしています。その学習の一つとして、昔の道具である洗濯板での洗濯体験を行い、道具の工夫や今の道具とのちがいについて考えました。体験後、考えたことや思ったことをワークシートに書きました。紹介します。

    洗濯板での洗濯はとても大変だと分かりました。家族の人数が多かったら、手も冷たくなるし疲れると思いました。洗った後の服は、どうやって干しているのか分からなかったので、次は本で調べてみたいです。

    洗濯板にギザギザがあるので、汚れが落ちやすかったです。昔の人は、これを毎日家族全員分やっていたのですごいと思いました。洗濯機だと苦労なく洗えるので、すごく便利だなと思いました。

    P1010946    P1010950

  • aaa

     

    寒い冬の季節になりました。天候により運動が制限されてしまうことから、11月から体力向上を兼ねて毎日体育館に設置型鉄棒を置き、休み時間に自由に取り組むことができるようにしました。

     

    img_20161220_010239

     

    中には手にマメをつくりながらがんばっている子供もいます。

    「いつかきっとできる」と自分を信じ、友達と競い合い教え合いながら取り組む姿が大変すばらしいです。

    毎日粘り強く取り組む中で、技能がぐんと伸びた子供が増えてきました。

  • 5年生、6年生は体育で器械運動の学習を行いました。

    跳び箱運動、マット運動の中からどちらかを選択し(二刀流の子供もいました)、毎時間課題をもって取り組みました。

    そして、終末に「塚原オリンピック」と題して、学習の成果を発表する場を設けました。

    どの子供も、練習を通して高めた技能を発揮することができ、達成感と充実感を味わうことができました。

    img_20161221_132243 img_20161221_132322 img_20161221_121516

     

     

     

  • にっこりゲームランドで遊ぼう

    生活科の学習で作ったおもちゃを使って、全校で遊ぶことを計画し、

    12月7日(水)~9日(金)の昼休みに「にっこりゲームランド」を行いました。

    自分で作ったおもちゃの遊び方を説明しながら、他学年と交流をしました。

    相手に遊び方を分かりやすく話すことの難しさや笑顔で遊んでもらえたことの

    嬉しさを体感できました。

    p1010421  p1010408

    創校140周年記念集会

    11月12日(土)は、創校140周年記念集会がありました。

    今年140周年を迎える本校への喜びと感謝の気持ちを1年生と一緒に、詩の朗読や日頃お世話に

    なっている地域の方に肩たたきをすることで伝えました。肩たたきの場面では、地域の方から、

    「ありがとう」と声をかけられ、嬉しそうに笑顔で肩をたたく微笑ましい姿が見られました。

    dsc_0059 cimg2958

    持久走大会

    11月2日(水)は、持久走大会がありました。

    本番では、どの子供もグラウンド3周(600m)をゴールまで歩かずに走りきることができました。

    最後までがんばる気持ちの大切さと、走り抜いた達成感を実感することができました。

    大会後にいただいた焼き芋は、がんばった自分へのご褒美として、とてもおいしく食べました。

    cimg2728 cimg2779

    学習発表会をがんばりました

    10月23日(日)のステージ発表で、表現運動を披露しました。

    マット運動、組み体操、ボール運動、フラフープ、なわとび、竹馬、ダンスに挑戦しました。

    dsc_0303  dsc_0313  dsc_0317

    dsc_0321  dsc_0328

    子供たち32名の仲間と息を合わせることに気を付けながら協力すると

    素晴らしいことができることを実感しました。                           dsc_0331

     

     

  • 2学期の総合な学習の時間では、塚原地区のおいしいものを宝物と考え、新湊牛乳や和菓子あんの調べ学習をしています。

    この日は、和菓子あんを見学し、おもちの種類や材料等について、お店の人にインタビューしました。

    img_6663

    学校に戻ってきてから、お店で買った草餅やごま餅を食べました。子供たちは、お餅やあんこのおいしさに驚き、その作り方について詳しく知りたいと考えました。

     

     

  • 6年生は、総合的な学習の時間に調べた塚原小学校の歴史を発表しました。

    子供たちは、校章に込められた願いや学校名や場所の移り変わり、児童数の変化について知るうちに、改めて140年の歴史の重みを実感することができました。また、旧校歌を調べ、歌ってみることで、現在の校歌にもより愛着をもつことができたようです。

    集会を通して、140周年目の節目の年に6年生であることを、光栄だと感じることもでき、6年生にとって、とてもよい思い出となりました。

    cimg2933 cimg2946

  • 11月12日に創校140周年記念集会を行いました。

    4年生は、社会科で学習したことをもとに、塚原地区のことをクイズ形式で発表しました。

    地域の方に楽しんでいただけたと、喜ぶ姿が印象的でした。

    dsc_0087 dsc_0089

« Previous Entries   Next Entries »

過去の記事